養鶏

なぜ?アメリカではひよこ飼育がブーム?

新コロナウィルス(COVID-19)騒動の最中、アメリカでは意外にもヒヨコの飼育がブームとなっているようです。このような混乱の中、なぜヒヨコの飼育がアメリカで流行しているのでしょうか?

めちゃくちゃ可愛い

サムネイル写真を見てわかる通り、ヒヨコはめちゃくちゃ可愛いです。「ピヨピヨ」と鳴いていると思うと突然眠り込んでしまったりします。ヒヨコの行動はなぜかシンクロしているので見ていても全く飽きることがありません。とにかく、「癒し効果」は抜群だといえるでしょう。

関連リンク:ひよこ飼育をはじめてみた (by Bantam Fresh Farm)

たまご不足

そしてアメリカでは「卵不足」も深刻な問題になりつつあるようです。

アメリカのレストランの朝食メニューには必ず「卵料理」がずらりと並んでいます。調理の仕方や焼き加減など様々なものが存在しているので、アメリカの文化は卵と密接な関係があるのだと強く感じます。

関連記事:アメリカンダイナーでの朝食のススメ(準備中)

もちろん我が家でも、毎日たくさんの卵を消費しています。私たちにとって、料理の材料となる卵が手に入れられなくなることは死活問題になりかねません。卵を自給自足でき、ヒヨコの成長を見て癒されるのであれば、一石二鳥だという考えもあるのではないでしょうか。

住宅ゾーンでの「養鶏」については(サブディビジョン毎の)ルールが制定されています。ヒヨコの飼育を検討する前に必ずこのルールを確認しましょう。

記事が気に入ったら、ぜひお友達とシェアしてください!